« 何が国の主権と国民の安全を守るのか | トップページ | 移民・難民の排出国の責任 »

2018年12月20日 (木)

なぜ嘉手納基地なのか NHK

Download_2

 今朝のNHKニュースで騒音の問題が取り上げられていました。WHOが健康被害を防止するために、騒音に関して各国に(新たに)勧告する基準値の件が報道され、航空機については確か45デシベルだと記憶しています。それに対し日本は57デシベルでWHOの基準値より高いレベルで、見直しが必要だと言うような内容です。

 数値の問題はさておき、気になったのはニュースの流れの中で、日本での騒音実態の場面に関し、道路沿いや一般空港周辺の実態を少し映した後でした。

Large17040e3363832b57a6cb605516c43c

 そのシーンは沖縄の「嘉手納基地」周辺の騒音を、ある住民の家の窓から、夕方から翌朝まで3回騒音測定している状況を、飛行する軍用機の映像と共に映していました。そしてそこに住む高齢者へのインタビューで「寝られない」と言う言質を取ると共に、医者による「不眠症」の診断書も合わせ映し出していました。このニュース全体の放映時間の大半が、この「嘉手納基地」のシーンでした。

 確かに騒音は酷く、恐らく寝られないことも現実でしょうが、この家の騒音対策は?それに対する県の補助については?何も語られません。そして何よりも、なぜ東京の「横田基地」ではなくて沖縄の「嘉手納基地」なのか。更に沖縄でも周辺に危険が迫っていて、移設を予定している「普天間基地」を取り上げないのか。と見ている瞬間そう言う考えがよぎりました。

 民間航空機より、軍用機の方が騒音は大きいのは分りますが、なぜ突然この時期NHKがこの問題を取り上げたのか。筆者なりに勘ぐれば、WHOの騒音基準値に関する勧告を利用して、沖縄の基地問題をえぐり出そうとしているのではないか、という感じが強くします。

01_zu

 ぼやっと見ていれば、「ああ基地周辺の住民は大変だ。夜も寝られないんだな。基地はなくさなければ」、と思う人が多くいてもおかしくありません。それを密かに狙った洗脳番組のような気がします。でなければ先ほどの疑問の部分、「騒音対策やそれに対する公的補助」について、もっと掘り下げて報道すべきでしょう。そう思いましたが「ゲスの勘ぐり」でしょうか。

 

(このブログ イイネ! と思われたら、下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッと応援クリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

« 何が国の主権と国民の安全を守るのか | トップページ | 移民・難民の排出国の責任 »

メディア」カテゴリの記事