« 「元号否定」の朝日の社説、その根拠は | トップページ | 元号に反対する反日左翼人に思う »

2019年4月 1日 (月)

大韓帝国時代の半島、近代化の遅れた貧しい場所だった

51bqytrawkl_sx336_bo1204203200_  韓国の日本叩きが止みません。ことあるごとに捏造された「日帝の植民地時代の圧政と蛮行」を基に、慰安婦や徴用工をネタにして、ユスリ・タカリを繰り返しています。しかし以前このブログで紹介した、ジョージ・アキタ/ブランドン・パーマー両氏の共著による、「日本の朝鮮統治を検証する」という書籍に詳述されているように、「それは穏健かつ公平、現実的にして、日朝の相互発展を目指すもの」でした。

 しかし韓国人は、日本人の反日サヨクジャーナリストや弁護士達の様々な発言を信じて、その史実をねじ曲げて理解し、「日帝から圧力と搾取を受け続けた」と批難を繰返しています。そして親日派韓国人を徹底的に弾圧し、所謂「反日法」なる事後法で、財産の没収などの信じがたい蛮行を行なっています。

 日本統治下における本当の史実を韓国人に知って貰うのは、なかなかうまくいかないことが予想されるので、それ以前、即ち大韓帝国時代の半島の実態を知って貰う方が、有効だろうと思います。そうすれば、なぜ日本が大韓帝国を併合したのかを、理解して貰えるのではないかと考えます。以下にその概要を列記します。

1)身分制度、やりたい放題の特権階級

当時の身分は「貴族」「両班」「中人」「常民」「賤民」「奴婢」の6階層で、王族またはその姻戚である「貴族」と特権階級の「両班」、この二つが支配階級でその下に専門職である「中人」がいました。「常民」は多くが小作農で、「賤民」「奴婢」はもう人としての扱いはされていません。「奴婢」は奴隷で売買の対象でした。「両班」の横暴ぶりは凄まじく、「常民」などからの搾取や拷問は、日常的に行なわれていたと言います。

2)街の環境、類を見ない不潔さ

ソウルの市街でも、牛や馬の糞はいたる所に転がり、人糞も珍しくなかった、と言われています。イギリスの女性旅行家、イザベラ・バードの言を借りると、「下水道は市内の汚水を夜に昼に絶えず場外に排泄している。そのため下水道の泥は真っ黒に幾世も昔からの濁水に染められ、悪臭を空中に放散して旅人を悩ましている」だったそうです。

3)学校がなく、教育レベルは極めて低かった

併合前1905年には半島全体で小学校が40校しかありませんでした。中学校それ以上の学校はありません。文字が読めるのは両班が殆どで、全体の10%程度だったと言われています。そう言う状況ですから学力もかなり低く、そのため農業やその他様々な技術力は殆どなかったと思われます

4)山は木がなく、はげ山だらけ

半島北部のごく一部を除いて、殆ど木が生えていませんでした。建築や燃料に使用するため伐採したまま、その後植林しなかったためです。そのため山に保水力がなく、大雨の度に洪水を引き起こして、多くの土砂が下方に流出しています。

5)農業は農業と言えるものではなかった

土地は荒れていて、灌漑は行なわれていなく雨水頼り、土地は殆ど両班の所有で両班は何もせず、常民の小作人が農業知識も乏しい中で、細々とコメやその他の作物を作っていました。

6)電気はなかった、結果製造業は全くといっていいほどなかった

両班でさえろうそくや石油ランプで生活していました。もちろんダムはなく、水道もなく、農業用の肥料工場もなく、細々とした手工業程度の産業しかありませんでした。川にかける橋も手作りのような橋で、洪水の度に壊れていたようです。

Download_1 7)その他、近代化のための様々な制度がないか、遅れていた

支配階級の戸籍しかない。土地制度も租税制度も機能していない。支配階級以外文字を持たない。奴隷制度が有り、凌遅刑と言われる残酷な刑も残っていた。等々(以上は百田尚樹氏著「今こそ、韓国に謝ろう」参照)

 以上のように、殆ど産業らしき産業もなく、教育制度もなく、インフラも整備されていない、その他の制度も含め近代化に立ち後れた、アジアの小国であったと言うことです。更に悪いことには、支配階級の人たちに国の独立に必要な、国内統治能力も外交能力も安全保障政策もなかったことでしょう。

 儒教、特に朱子学における「存天理、滅人欲」は今の中国、朝鮮に於いては「存自利、滅利他」に化けてしまっていると思います。したがってなかなか困難と思いますが、上記のこう言った実態を、是非現在の韓国人に認識していただきたい、と思います。そうすれば併合の時代の日本への理解が少しは進むのでは、と期待します。無理かも知れませんが。

(この記事イイネ!と思ったら、下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッと応援クリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

 

« 「元号否定」の朝日の社説、その根拠は | トップページ | 元号に反対する反日左翼人に思う »

歴史」カテゴリの記事