« 「ポピュリスト」は野党政治家 | トップページ | またも高齢者の暴走事故発生 »

2019年6月 3日 (月)

室井佑月氏にみる反日サヨクの正体

C8chmeuuwaajjny  日本のサヨク界隈の人たちの中には、なぜか日本よりも諸外国を大事と思う人が多い。それが昂じて日本を貶める人も多くいます。わざわざ国連に出かけて行って、慰安婦の性奴隷化を進言したり、日本の様々な差別を喧伝したり、また国内でも同じように「日本は悪いことをした」を連発しています。

 その根拠の殆どが戦前の軍国主義(と彼らは定義づけますが)を起点に、日本は諸外国に殺戮や犠牲をまき散らした戦犯国だったという認識に立っていて、かつGHQのWGIPによる洗脳政策にどっぷり浸かった、そしてその再教育を受けた人たちです。

 彼らに共通するのは戦力、原子力、保守の政治家を極端に嫌うことです。ただし戦力、原子力日本が保有するもののみです、よその国のものは念頭にありません。ですから日本の軍隊と米軍基地、原子力発電所、現安倍政権を徹底的に嫌います。そして憲法、特に9条をとても大事にします。

 「戦争」なんて言葉は聞くだけで吐き気をもようすようです。ネットを見ていたら「AERA」にこのサヨクの代表的な作家(?)の室井佑月氏の「丸山穂高議員の“戦争”発言」に関するコラムがあったので、紹介します。

Muroi  元日本維新の会の丸山穂高衆議院議員の発言。「戦争しないとどうしようもなくないですか」。あの発言に、背筋が凍りそうになった。お酒を飲んでいたからとか、問題を提起しただけとか、議員にだって言論の自由があるとか、そんな問題じゃないよね。

 さすがに、日本維新の会の代表である松井一郎・大阪市長も、「国会議員として一線を越えた発言。元島民、国民に本当に不快な思いをさせ、心からおわびを申し上げたい」。そう即座に反応し、丸山氏を除名処分にした。あの発言が、国会議員として一線を越えているのはもちろんのことである。

 まあここまでは、一般論としてはそれほど引っかかりません。事実ベースで述べていますね。ところがここから彼女の本領が発揮されていきます。

 けど、あたしが引っかかるのは、発言しなければそれでいいのか、というところ。飲み屋にいるオヤジの戯言じゃないんだよ。丸山氏みたいな考え方の政治家、ほかにも結構いるんじゃないの?あたしが丸山氏の発言で背筋が凍ったのは、そこの部分だ。

 政治家たちが一部の支持者へのサービスで、隣国へのヘイトをくり返したり、拳を振り上げてみせたりすることは多々ある。それってさ、ほんとにほんとのただのパフォーマンス? 丸山氏みたいな考えがちょこっとでもあるからじゃないの? だとしたら、怖い。

 隣国へのヘイトを繰り返している?これ、韓国の諸々の反日行為に対する当然の反応であって、「戦争するぞ」と誰が本当に思っていると考えているのでしょうか。寧ろ韓国のメディアを見ると余程日本へのヘイト発言が多いし、戦争を煽る記事もある。

00423710hdk  また政治家でも、例の文喜相国会議長の「天皇謝罪発言」など、ヘイトを通り越していますよね。室井氏は韓国メディアに目を通さないのでしょうか。次の文章のくだりなど、呆れてものが言えません。

 あたしら大勢は、国から便利なATMみたいに扱われている。あたしたち一人ひとりに命や感情があるなんて思われてなく、ざっくりと何人いるからいくらまでなら召し上げられる、と国から判断されてそうな代物だ。

 そういう代物とされているあたしたちは、もし外国と揉めることがあったら、簡単に使い捨てにされるだろう。今の政治家たちは、外国とのぎりぎりの交渉の中で、あたしたち庶民の命を何番目くらいに考えてくれるのだろうか?

 権力の座を確保するための選挙にしか関心がなく、権力を得たら破廉恥にもその私物化だ。もはや、あたしたちの代弁者と思えない政治家に、あたしたち多くの国民のことを真っ先に考えてくれよ、といっても詮無いことのような気がしている。

 いったい何様なのでしょうか。彼女は少なくとも庶民ではなくて、エリートに属すると思われる報酬を得ていると思いますね。それに雑誌でもテレビでも言いたいことを言って稼いでいる。少しくらい多くの税金を納めているからといって、ATM等を持ち出して、金だけ吸い上げられて使い捨てされる、と本気で言っているのでしょうか?正直、本当に使い捨てしたいような人です。

 こういう風に日本を、日本の政権を愚弄し、周辺諸国に媚びを売るのが、典型的な反日サヨクの人です。そしていみじくも彼女の最後の文章で、「権力」という言葉を「反権力」つまり「野党」に置き換えれば、なぜかピッタリ収まるという気がします。

 兎に角、彼ら、彼女らの言うように、日本から戦力原発などのエネルギーを一切なくし、日米同盟を破棄し、国連から嫌と言うほどの内政干渉に関わる提言を受けて、姓奴隷を認め、徴用工裁判を受け入れ、南京大虐殺を肯定した上で、大枚の追加賠償金を支払い、枝野、辻元政権を作ったら、どうなるでしょうか。

 考えただけでも背筋が寒くなります。この室井氏以外にも、松尾貴史氏とかラサール石井氏とか、この手の輩がゴマンといます。そして彼ら一様に日本をさんざん悪く言っているのに、その日本でのうのうと好きなことをやって稼いでいます。

 こう言う人たちを見ると、政権批判をする人たちを軒並み拘束して罪人に出来る中国が、ある意味うらやましくも思えてきます。でもそんなことは微塵もない国、反日サヨクの彼らにとって日本は本当にいい国ですね。

(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

 

« 「ポピュリスト」は野党政治家 | トップページ | またも高齢者の暴走事故発生 »

政治」カテゴリの記事