« 朝日、毎日の「新聞倫理綱領」とは真逆の実態 | トップページ | 高校野球1県1校代表制について考える »

2019年7月25日 (木)

芸人の「闇営業問題」騒動、テレビはもう三文週刊誌

Miya2  今テレビを席捲している吉本興業の所属芸人闇営業問題に端を発した騒動。その闇営業に関して、相手は反社会的組織だったとか、そこからの金銭の授受があったとか、それを隠蔽していたことや、公表する際の会社側と当該芸人との意見の食い違い、そしてお互いの涙の記者会見とまたその内容の食い違い、芸人の記者会見に絡んで契約解除を迫られたとか、そのつもりではなかったのでまた元に戻すとか、会見の後も当該芸人以外の所属芸人の会社への抗議や、逆に会社への擁護発言など、これでもかというくらい目まぐるしい展開を見せています。

 この騒動に関して元社会的組織の一人の話も含めて、ダイヤモンドオンラインは次のように述べています。

 吉本興業の所属芸人が、振り込め詐欺集団のパーティーに出て金銭を受け取った、いわゆる闇営業問題。「パワハラ経営者vs同情すべき芸人とその仲間たち」という構図のもとに、衆目の中で進行する劇場型不祥事だ。

 しかし事態の展開に違和感を覚える向きも多いだろう。発端は宮迫博之氏、田村亮氏ら芸人が、反社会的勢力から金銭を受領したことだ。素性を事前に知っていようといまいと、結果として犯罪集団から大金を得る副業をしたなら、普通の会社員であれば懲戒解雇にもなりかねない。吉本は芸人を社員として雇用してはいないが、社会的責任を負う大企業として、関係者の不正行為に厳正に対処する義務がある。それが涙混じりの感情論にすり替わっているとは、議論の逸脱も甚だしい。

 この脱線ぶりに対し、「芸人も吉本もテレビ局も、関係者は全員アウトや」と喝破するのは猫組長氏。山口組系二次団体で長く幹部をつとめ、反社の世界を熟知している。アウトサイダーの問題を見る角度は、意外なほどに「超真っ当」だった。

7011905_ext_col_03_1  そうです。吉本興業も当該芸人も一般の会社と会社員だったとすれば、ありえない展開です。しかもこの記事の通り「テレビ」もアウトでしょう。以前のブログ「ジャニー喜多川氏の訃報報道に思う」で述べたように、どの局も一斉にかつこれでもかと朝昼晩くリ返し報道する。内容もまさにタブロイド誌と同じ、誇張と揶揄と擁護と攻撃をふんだんに混ぜ合わせて、コメンテーター同士の井戸端会議が展開されています。

 こんなテレビは見たくありません。チャンネルを他に回せば、韓国ドラマだの社会批判番組だの、勢い録画していたテニスの試合や動物番組を見ることになります。そうです、テレビはもうアウトです。もちろん現状の地上波やBSのほとんどが、です。自民党のNHK出身の和田政宗議員に、彼の持論の「電波オークション」の採用が早まるよう働きかけてもらって、この状況を打破してもらうしかありません。でもそれまでは残念ながら三文週刊誌的報道は続くでしょうね。


(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

 

« 朝日、毎日の「新聞倫理綱領」とは真逆の実態 | トップページ | 高校野球1県1校代表制について考える »

メディア」カテゴリの記事