« 韓国には「しっぺ返し戦略」で対応しよう | トップページ | 「ホワイト国」除外、反日メディアは一様に政府の対応を批判、どこの国のメディアだ »

2019年8月 3日 (土)

文大統領の声明、やくざ言葉での恫喝で無礼の極みだ

Download-1_20190803102101  8月2日の閣議で韓国を「ホワイト国」から除外することが決定されました。これまでの韓国における軍事転用の恐れがある物資の、管理体制の不備を指摘し続けた日本に対し、3年間も協議に臨まなかったことから、除外は至極当然です。

 それに対し韓国の文大統領は声明を発表し、開き直って次のように日本を非難しました。産経新聞の記事から引用します。

 文氏は「日本が外交的解決策を提示し、行き詰まりの道に行かないよう警告する。問題解決へ向き合おうという韓国政府の提案を日本政府は最後まで受け入れなかった」と非難。「韓国政府と国際社会の外交的解決努力を無視し、状況を悪化させた責任が日本政府にあるのが明確になった以上、今後起こる事態の責任も全面的に日本政府にあることをはっきり警告する」と強調した。

 また、日本政府の措置がいわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の確定判決に対する「明白な貿易報復だ」と断言した。そして「強制労働禁止と三権分立に基づく民主主義という人類普遍の価値と国際法の大原則に違反する行為だ」と述べ、徴用工問題で日本に妥協しない姿勢を示した。

 文氏は「深刻に受け止めているのは、今回の措置が韓国経済を攻撃し、経済の未来成長を妨げ打撃を加える明らかな意図を持っているという事実だ」と強調。その上で「日本の不当な経済報復措置に相応の措置を断固とる。韓国経済に被害を加えようなら、われわれも真っ向から対応する方法がある。日本も大被害を受けねばならない」と述べた。

 予想通りとはいえ、まさに上から目線の唯我独尊、自国の非は全く認めず、ただただ日本を悪者にしてまくしたてる、小中華もろだしの声明です。これではいくらお人よしの日本人でも嫌韓感情に油を注いだに違いません。佐藤正久外務副大臣「韓国大統領発言は異常」とテレビ番組で次のように述べています。

Photo_20190803102501  佐藤正久外務副大臣は2日のBSフジ番組で、韓国を「ホワイト国」から除外する日本政府の決定を批判した文在寅大統領の対応について「『盗っ人たけだけしい』と品のない言葉まで使っているのは異常だ。日本に対して無礼だ」と非難した。

 ホワイト国除外は元徴用工訴訟判決に対する貿易報復と指摘した文氏に対し「全く別物だ。報復措置でも禁輸措置でもない」と反論。米国の仲介案に日本が応じなかったとする文氏の主張も事実と異なると強調し「国内向けにわざと(対日強硬姿勢を)あおっている感じがする」と述べた。

 まったくその通りです。米国の仲介案の件も、日米韓の3国外相会議で韓国の康京和外相は会見で「米に仲介案を提示し、米は了承した」と、またまた嘘をついています。河野外相はそういう事実はないとはっきり述べています。康京和氏の嘘を文大統領は鵜呑みにしているのでしょう。産経新聞はコラムでも以下のように述べています。

 韓国は、日本を翻意させるため米国の仲介に期待している。だが、輸出管理をどう運用するかは、主権国家として日本が自ら判断すべき問題である。

 措置の是非を韓国と協議する必要もなければ、米国の仲介を受ける話でもない。日本は粛々と必要な対応をとればよい。

 必要な対応、それが「ホワイト国」からの除外でしたが、それに続いて考えねばならないことがあります。いつまでもどこまでも日本を悪者にし、他国に告げ口をし、ゆすりたかりを続け、うまくいかなくなったら北朝鮮と同様やくざ言葉を使って誹謗中傷する。もうこんな国とは金輪際付き合わないほうがいい。日本の国益のためにもぜひ交流をやめて行きたいものです。断交へ向かって

(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村



« 韓国には「しっぺ返し戦略」で対応しよう | トップページ | 「ホワイト国」除外、反日メディアは一様に政府の対応を批判、どこの国のメディアだ »

政治、外交」カテゴリの記事