« いつまで「弱小国の振り」を続けるのか? | トップページ | 韓国人は日本にもう金を要求するな! »

2021年6月13日 (日)

室井佑月氏に「騙されてはいけない」!

Crmn0csumaapyw5  少し前に、TBSの昼の報道バラエティ番組「ひるおび」を降板させられた「室井佑月」氏。稚拙で訳のわからないコメントを聞かされなくなってせいせいしていますが、未だに彼女の思想と親和性の高い、日刊ゲンダイや週刊朝日(AERAdot.)にコラムを寄稿しているようです。彼女このブログでも何回か登場願っていますが、再登場していただきましょう。

 彼女の頭の中は、反日、反安部(今でも引きずっているようです)、反自民で、ある意味すごくわかりやすい。つまり典型的な左巻きです。ですから彼女のコラムはいつもそういった内容で終始します。東京五輪の開催にも反対です。その反対コラムで最近のものを以下に引用します。タイトルは『室井佑月「騙されてはいけない」』(週刊朝日5/28号・・・AERAdot.から)です。

 ◇

 作家の室井佑月氏は、東京五輪開催に反対する人たちへ投げかけられた“賛成派”の言動を指摘する。

*  *  *

 弁護士の宇都宮健児さんが、ネットで五輪開催中止を求める署名活動をはじめた。5月11日配信の「デイリースポーツ」によると、11日午前9時現在で32万筆を突破したようだ。

 なぜ署名活動をはじめたのか、宇都宮さんはこう語っていた。

「今の状況下でオリンピックのために1万人の医療スタッフとか、ますます助けられる命が助けられなくなるという危険性があるということが、こういう署名を開始したということ」

 至極、真っ当だ。これがわからない人はいるのか? いるのだ。

 明治天皇の玄孫として売り出した政治評論家(?)の竹田恒泰氏が、ネットで東京五輪開催を求める運動をはじめた。

 竹田氏は10日、DHCテレビ「虎ノ門ニュース」に出演し、宇都宮さんをこうののしった。

「共産党に担がれていつもつまんない都知事選に出てにぎやかしをやっているクソジジイですよ。今回の彼が立ち上げた署名サイトも完全に次の都知事選挙に向けた政治的なウォーミングアップ」

 このゲスな物言い。やはり、血筋なんてもんは関係がないのだね。むしろ、差別発言をする会長のいるDHCの番組だから、竹田氏に合っているといえば合っているのか。

 竹田氏のツイッターには、

「池江(璃花子)選手への誹謗(ひぼう)中傷を知って、東京五輪開催『賛成』の署名を立ち上げないといけないと思いました」とあった。この原稿を書いている11日19時の時点で、「いいね」が2万8千だった。「いいね」を押した人々はこの男が愛知の不正署名事件でも応援団だったことを知っているのか?

 議員でも竹田氏のようなことをいっている人がいる。よりによって、丸川珠代五輪相だ。

 おなじく5月11日配信の「デイリー」によれば、丸川五輪相は11日、閣議後の定例会見でこんなことをいった。

「(東京五輪は)コロナ禍で分断された人々の間に絆を取り戻す大きな意義がある」「(池江選手に辞退を求めるメッセージについて)匿名で個人への言葉の暴力はいかなる理由でも許されない」

 池江さんへの誹謗は許されないことだけど、それで東京五輪開催賛成っておかしくないか? まるで彼女の名前を出し、反対派の口を閉ざそうとしているみたいよ。

 それにコロナであたしたちを分断させたのは政府だ。ちょっと前、熱があってもみんななかなか検査できない中、権力に近い人は早々に検査し、入院までしたりして。

 国民の分断を煽(あお)るのは、自民党の得意芸。本来、自分らに向かうはずの問題を、いつもそうやってうやむやにしてきた。もう騙(だま)されてはいけない。

 ◇

 彼女のこんなコラムにこそ「騙されてはいけない」でしょう。竹田恒泰氏の発言を「ゲスな物言い」と言っていますが、そのまま彼女に返してあげましょう。丸川五輪相が発言したからと言って、国民の分断を煽るのは「自民党」も、得意技に持って行く強引さ。論理も何もありません。反対のための反対、理性など何処ヘやら、感情だけでものを言うまるで子供のようです。

 室井氏は小池都知事も嫌いなようで、少し前、まだ「ひるおび」に出演しているときにになりますが、スポーツ報知に『室井佑月さん、小池都知事の動きに危機感「最近嬉々として…強い権限与えるとどこまでやるんだろう?って不安」』(2020/4/9)という記事が掲載されました。

 ◇

 9日放送のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令後の対応をめぐり、政府と東京都の隔たりが表面化していることを伝えた。

 コメンテーターで作家の室井佑月さんは「休業の補償を現実的ではないって政府が言うのは冷たいって思うし、何のために税金払っているんだろうって思う」とコメントした。

 さらに「知事同士が競争しあう?権限を使って、自分のところでは増やしたくないからって。ちょっと私、小池さんがその権限を持つのはちょっと怖いんです。すごいやり過ぎるんじゃないかと思って」と指摘した。

  その理由を「忘れてはいけないと思うのは、五輪が延期になる前は全然、のんびりだったわけですよ。でも、なんか、最近、すごい嬉々として前に出てくる…そういうのが見えちゃって、強い権限与えると、どこまでやるんだろう?って、そういう不安があります小池さんには」と話していた。

 ◇

 この人は自分は偉くて自分以外はすべて「ゲス」だと思っているのでしょうか。そしてことさら自分は税金を払っていると強調しているようですが、いくら払っているのでしょう。数千億円でしょうか。

 それはさておき、この記事に関して「日々是匍匐」というブロガーが、次のようにコメントしていますので引用させていただきます。タイトルは『室井佑月よ、あなたはどこまでバカなのか』です。

 ◇

Images1 以前から室井佑月という女性が嫌いだった。小説家らしいのだけれど、この人がどんな小説を書いたのか、私は知らない。
そもそも小説を書いたことがあるのかどうかも疑わしい。

私の古い友人(編集者)が、この人と、高橋源一郎さんを引き合わせた、らしいのだけれどね。高橋源一郎さんは知ってますよ、ちゃんとした作家さんです。

室井さんは、タレントもしくはコメンテーター的な活動しかしてないですよね。でも肩書は、いっぱしの「作家」になっている。

で、そのコメントが、なんというか、いつもいつも大作家みたいな超上から目線で。その室井「大作家」せんせいが、最近こんなことを言っている。

室井佑月さん、小池都知事の動きに危機感「最近嬉々として…強い権限与えるとどこまでやるんだろう?って不安」

驚き呆れるばかりではありませんか?

その「最近嬉々としている」らしい小池さんをフォーカスしよう。

今日の小池さんは、本当に疲れている。彼女はお洒落さんなのに、髪の根元に、白髪が見えている。私も白髪なので、どのくらい白神染めをさぼったかは、見たらすぐわかる。彼女はもう半月は染めていないと思われる。

小池さんは頑張っている。なのにこの室井というアホ女は、「最近嬉々として…強い権限与えるとどこまでやるんだろう?って不安」とぬかしている。

その理由を「忘れてはいけないと思うのは、五輪が延期になる前は全然、のんびりだったわけですよ。でも、なんか、最近、すごい嬉々として前に出てくる…そういうのが見えちゃって、強い権限与えると、どこまでやるんだろう?って、そういう不安があります小池さんには」と話していた。

室井さん、バカもやすみやすみ言いなさい。今この国で、ここまで身を張って仕事している政治家がいるかね?

作家なら、作品を書くことで意見すべきだと、大江健三郎先生はおっしゃっている。が、このムロイという女は、かつて小説を書いた(らしい)ことだけで、なにをか言わん、なご意見を身の丈の3倍くらい上な目線で。作家なら、意見があるなら書くもので世に問いたまえ。

この女を使うのは……あースポーツ新聞か。わかりました。

この室井という人は、小池さんが妬ましいのです。自分に「世に問える」ほどのものをなす文才がないものだから。

所詮スポーツ新聞に書いたものなので、怒るほどのことではないのかもしれないけれども。私はこういう「頑張る女の足を引っ張る女」が、ねじ伏せて口の中に犬のうんこを突っ込んでやろうかと思うくらい嫌いです。

 ◇

 最後は少し下品な言葉が出たようですが、言っていることは全く同感です。私自身小池さんは好きでも嫌いでもありませんが、首都東京の知事は当然忙しいでしょう。それを揶揄してはばからない。そのためにこのブロガーにこき下ろされている、まあそういう室井氏ですが、捨てる神あれば拾う神あり、で冒頭述べた反日左翼のメディアがその思想の国民への押し売りに利用しているようです。本当にそんな彼女に「騙されてはいけません」

(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

 

« いつまで「弱小国の振り」を続けるのか? | トップページ | 韓国人は日本にもう金を要求するな! »

メディアと政治」カテゴリの記事

2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ