海外、スポーツ

2019年8月30日 (金)

馬鹿げている韓国「東京五輪ボイコット」

Live_h106_10607516746  今回はzakzakに寄稿した徳島文理大学教授で作家、評論家の八幡和朗氏のコラム「馬鹿げている韓国『東京五輪ボイコット』 難クセを付けるなら来ない方がいい 日本は歴史認識で媚びず淡々と」を取り上げます。

 韓国には「東京五輪をボイコットすべきだ」という声がある。そうすれば日本が困るだろうから、無理を言っても通る-と勘違いしているらしい。また、日本にもことなかれ主義でボイコットを恐れる関係者もいるし、逆に安倍晋三首相の失点になると期待している愚かな者もいる。

 しかし、別にどうでもいいことだ。

 もちろん、平和の祭典なのだから、ボイコットなど馬鹿げている。平昌(ピョンチャン)冬季五輪にも、日本は不愉快なことは多かったのに参加した。相互主義の観点からも失礼だが、来てほしいから媚びる話ではない。トラブルメーカーの親戚が、結婚式や法事に来ないといえば、「それは残念ですね」というだけで強いて出席を求めないのと同じだ。

 友好的に参加してくれればいいが、反日パフォーマンスをしたり、「旭日旗で応援するな」などと難クセをつけたりする輩が出てくるくらいなら、来ない方がいいと思うのが普通と思う。

 ラフプレーとか、韓国の審判員によるおかしな判定とか、負けて口惜しいから居座って競技の進行を妨害するなど、過去の実例も残念ながらいろいろある。

 日本側としては、変な横断幕など持ち出して、五輪を妨害行為をする人がいたらどうするのか、よく議論し、準備しておいた方がいい。周囲の日本人は黙って見ているべきではない。

 近年の日本では、犯罪行為について警察やガードマンに任せすぎだ。痴漢や酔っ払いの暴力沙汰など、よほど危険でないなら周囲の人々が力を合わせて取り押さえるべきだ。そういう啓蒙(けいもう)運動をしたいし、結果的にケガをした場合の補償制度化などをすべきだ。それが、社会の安全性を高める。刑事訴訟法でも、速やかに警察官に引き渡すなら一般市民でも現行犯逮捕ができるのだ。

 妨害パフォーマンスは、それを放置して、競技を中断させたりすれば、それで成功したことになる。後で逮捕してもほとんど無意味だ。

 スポーツ交流もそうだが、文化交流も外交関係が悪いときほど意義深いと私も思う。しかし、淡々とすればいいのであって、相手に媚びる必要はない。特に、歴史認識で媚びては絶対にダメだ。

 「日本は古代にお世話になったので、韓国が兄のような存在」と言うのは、朝鮮総督府が日韓併合を円滑に進めるためのプロパガンダで始まったもので、そんな認識は明治以前にはなかった。

 教授の指摘のように日本人は媚びる習性があります。U18野球の選手のユニホームを無地にしたことなど最たるものです。日韓併合時も「韓国が兄のような存在」と、わざと媚びたことなど初めて知りました。が、しかしこと東京五輪に関しては、韓国に対し一切媚びる必要はありません。教授の言うように来ないなら来ないでいい。いやむしろ来ないほうが円滑に運営できて喜ばしいと思います。

 しかし来る確率の方が高いでしょうね。特にメダルを狙っている選手などボイコットは絶対反対でしょう。しかし来るなら来るできちんとマナーは守ってもらわなければなりません。教授の言うように行き過ぎた行為には、周りの日本人が毅然と対応すべきだと思います。

 スポーツに政治を持ち込むなと言っても、いとも簡単に政治を絡める韓国には、選手団以外は来ないでほしいと真剣にそう思いますね。

(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村