国会改革

2021年11月15日 (月)

野党の体たらくが招く日本の不幸:「国民のための国会に」

2021110200000029nkgendai0001view  国会の改革が叫ばれて久しくなります。なぜ改革しなければならないのか、それは国会が国家、国民のために必要で十分な質疑を行い、法律を制定し、予算を決定し、条約締結のための承認を行い、憲法改正の発議をするところなのに、その機能や権限を十分に発揮していないところにあります。

 その原因は与野党の議論が国家、国民のためという大前提を外れ、党利党略に明け暮れているところにあります。特に野党側にその責任が大きい。つまり批判のための批判しかしない野党が多くを占めていることにあります。いわゆる「健全な野党」が育っていないのです。

 今回はその点に焦点を当てます。産経新聞の政治部長の大谷次郎氏が同紙のコラムで見解を述べています。タイトルは『「健全な野党」なぜ育たない 尾を引く立共「共闘路線」の失敗』で、以下に引用して掲載します。

 ◇

日本には政権交代可能な「健全な野党」が育っていない。今回の衆院選で立憲民主党と共産党は政権奪取した際の「限定的な閣外協力」で手を結び、野党候補の一本化に突き進んだが、結果は惨敗。国民は自民党と公明党の連立与党に軍配をあげた。緊張感のある政治を生むはずの健全な野党が誕生するだろうか。永田町の勢力図がどう変化するのか目が離せない。

***********

相いれない相手と

立憲民主党は12日、国会内で両院議員総会を開き、10月の衆院選で議席を減らした責任をとって辞意を表明していた枝野幸男代表の辞任を正式に了承した。枝野氏は吹っ切れたような表情で、「新しい代表のもと、政権獲得に向けて一致結束してもらいたい」と述べた。

立憲民主党は今回、公示前の110議席から14議席減らし、96議席にとどまった。その大きな要因は、枝野氏が今年9月に共産党の志位和夫委員長と合意した「限定的な閣外協力」だったといえる。複数の野党候補が互いの票を奪い合うことを避けるため候補者の一本化を狙ったとはいえ、あまりに拙速だった。

共産党は「日米安全保障条約の廃棄」「米軍基地の撤退」「自衛隊の解消」を掲げており、枝野氏の「日米同盟を軸とした現実的な外交・安全保障政策」とは本来、全く相いれない。

折しも、中国とロシアの海軍艦艇が日本を周回する特異な行動に出たほか、北朝鮮が新型とみられる弾道ミサイルの発射を繰り返している。日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増しており、立共「共闘」路線に国民が違和感を覚えたことは間違いない。

自民党幹部も一斉に批判を展開した。麻生太郎副総裁は街頭演説で「立憲民主党はいま『立憲共産党』になっている。日本のかじ取りを任せるわけにはいかない」と攻撃し、甘利明幹事長(当時)も「政府の意思決定に共産党の意思が入ってくる。日本の政治史上、一度もなかったことだ」と牽制(けんせい)した。

枝野氏は衆院選期間中、「閣外協力ではない。閣外『からの』協力だ」と共産党と一定の距離を置いたが、志位氏は「閣外協力」と言い続けた。共産党は「協力関係を発展させたい」として、来年夏の参院選に向けて共闘路線を続ける構えを見せる。

立憲民主党は枝野氏の代表辞任に伴う代表選を19日告示・30日投開票の日程で行う。新代表は共闘路線を継続するか、見直しにかじを切るのかが焦点となる。

二大政党制は遠く

「政権交代可能な二大政党制」「政策本位の政治体制」を目指した政治改革関連法が成立したのは平成6年のこと。その新しい小選挙区比例代表並立制で初めて衆院選が行われたのが、ちょうど四半世紀前の8年10月だ。以来9回の衆院選が行われている。

21年の衆院選で、当時の民主党が自民党から政権を奪取し、二大政党制が定着するかに思われた。ところが首相が約1年ごとに交代するなど迷走を続けた。政権運営は行き詰まり、「悪夢の民主党政権」とまでいわれた。

自民党が24年の衆院選で再び政権の座に就くと、安倍晋三元首相の長期政権が続く。国政選挙で勝利を重ね、自民党「1強」といわれた。

この間、野党勢力は離合集散を繰り返し「多弱」と揶揄(やゆ)されてきた。

ただ、立憲民主党は昨年9月、たもとを分かった旧国民民主党の大半の議員を取り込む形で、新たな立憲民主党を発足させる。今年4月の衆参3補選・再選挙で野党系候補が全勝した。野党勢力が結束すれば次期衆院選でも勝機が見いだせるとの空気が広まった。

立憲民主党は今回、全選挙区の7割以上にあたる213選挙区で共産党などと野党候補を一本化した。135選挙区で事実上の与野党一騎打ちの構図に持ち込むと、「政権交代を実現する」「政権選択の選挙だ」と息巻いた。

しかし、やはり拙速だったようだ。政策本位でなければ国民の目には単なる数合わせに映る。立憲民主党は支援団体である日本労働組合総連合会(連合)からも距離を置かれた。政権担当能力に疑問符がつくのは当然だ。立共共闘のつまずきは野党第一党の立場さえ揺るがしかねない。

疑似政権交代論

政権を担える「健全な野党」が存在しなければ、今後も自民党と公明党の連立政権が続くことになる。自民党内の「二大派閥体制」を持論とする麻生氏はかつて、こう語っていた。

「学生時代、二大政党が政権交代することが民主主義の最も正しい姿だと学んだ。だが、自民党の中で大きな政策集団(派閥)が切磋琢磨(せっさたくま)する形の方が、よほど政治が安定し、きちんとした政策ができる」

自民党の伝統派閥・宏池会の流れをくむ岸田派(宏池会=42人)と麻生派(志公会=53人)、谷垣グループ(有隣会)が再結集すれば、最大派閥の安倍派(清和政策研究会=93人)と勢力が拮(きっ)抗(こう)する2つの大きな派閥ができる。両派から交互に総裁を出し、党内で疑似政権交代を繰り返すことで政治は安定するという発想だ。

麻生氏は野党の凋落(ちょうらく)を受け、「自民党の二大派閥体制に収斂(しゅうれん)していくだろう。焦る必要はない」と周囲に語っている。今後も政権担当能力のある野党勢力は出てこない、と言わんばかりだ。安倍派は、約9年ぶりに細田派に戻った安倍氏が派閥会長に就任し、衣替えした。二大派閥体制の動きが進む可能性がある。

先の衆院選で、長期政権の「緩み」が指摘される自民党への批判・不満票が流れた先は、「共産アレルギー」も手伝って、立共「共闘」路線と一線を画した日本維新の会だった。「対立より解決」を掲げた国民民主党でもあった。

日本維新の会の松井一郎代表は今月6日、初当選した議員らを前に「41議席をとったから自分が国を動かすなんていうと、それはウソ八百だ。動かす力なんかない。衆院選で約束したことを一つ一つ確実にやることだ」と党内の引き締めを図った。

国民民主党の玉木雄一郎代表も4日の記者会見で「あらゆる政党と、ときには与党とも一致できるところは賛成する。マスコミの前でパフォーマンス的にやることは避けたい」と述べ、政策本位で判断していく考えを強調した。

両党は連携して国会対応などを行うことを確認したが、健全な野党として展望が描けているわけではない。自公連立政権に批判的な立場をとり続けたら立憲民主党などと同じだと見られてしまう。逆に自公政権に近寄り過ぎれば、からめ捕られかねない。第三極としての立ち位置は難しい。

これから立憲民主党が再び野党勢力を糾合する核になるか。第三極が存在感を示し、さらに勢力を拡大させるのか。

いずれにせよ、政権担当能力を備えた健全な野党が誕生するには時間がかかりそうで、自民党内の派閥による疑似政権交代が続く可能性が高い。

 ◇

 二大政党を目指すならば、アメリカやイギリスのような、両方の政党共に政権を担うことのできる、しっかりした理念や現実的な実行力を持たなければならないでしょう。残念ながら今の野党の何処も、外交や経済、安全保障や社会保障などのすべてにおいて、国を動かしていく力は持ち合わしていません。

 ですから結果として、何とか数を増やしたいがために、野合を重ねたり、与党を批判することでしか、存在感を示せないのだと思います。「健全な野党」を生むためにも、国会の機能の原点に返り、国や国民のため十分議論のできる国会議員作りをすることから始めるしかありません。国会議員の質が向上しない限り、「健全な野党」も二大政党制も空論に終わってしまうでしょう。

 また、二大政党制が日本の政治風土に合っているのかも、議論の対象になると思います。国会の制度改革をしっかりすれば、批判やスキャンダル追及だけの質疑はなくせますし、国益や国民の利益に沿わない、無駄な議論もなくせるでしょう。そうなれば多党の中での健全国会も成り立つと思います。要は議員一人一人の質の向上にかかっていますし、それはすなわち、議員を選ぶ側の国民一人一人の真剣な政治参画意識につながっているものだと思います。

(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

 

2021年6月17日 (木)

立民、共産、またも党利党略のための決議案連発で深夜国会へ

Pyeldlf7d5l47dzvcv4dq6vtii  このブログでは、「国会の本来の姿を目指し改革すべきだ」との視点で、様々な形で現状と改革案を取り上げてきました。今国会も昨日16日閉幕しましたが、またも間際に一部野党の無意味な抵抗が実施され、本来の姿からはほど遠い姿をさらけ出しました。

 今朝の読売新聞が報じた記事を以下に引用します。タイトルは『立・共 未明まで抗戦 安保土地法成立…解任決議案 連発』です。

 ◇

 立憲民主、共産両党は、16日に成立した「重要土地等調査・規制法」の参院採決を巡り、委員長の解任決議案を連発して抵抗路線を鮮明にした。成立が午前2時半頃にずれ込み、コロナ下で「未明国会」に及んだことには与野党から疑問の声が上がっている。

 立民の安住淳国会対策委員長は16日、同法採決を巡る対応について、国会内で記者団に「(与党が)強引にやってきたから我々も対抗せざるを得なかった」と語気を強めた。

 立民、共産両党は14日、与党側が参院内閣委員会で法案採決を提案したことを受け、森屋宏参院内閣委員長(自民)の解任決議案を提出。15日に委員会で法案が可決され、参院本会議に緊急上程されると、今度は水落敏栄参院議院運営委員長(自民)の解任決議案を提出して徹底抗戦した。安住氏は「私権制限に関わり、慎重に審議すべきだった」と与党側を批判した。

 これに対し、自民党参院幹部は「円満に進めてきた審議を立民、共産が壊した。深夜国会にする必要があったのか」と吐き捨てる。与党側は衆院採決にあたり、立民などの主張に配慮した付帯決議も採択した。それでも立民、共産が抵抗を強めたのは、衆院選を意識して対決姿勢をアピールする狙いがあったとみている。公明党の西田実仁選対委員長は党会合で「立民、共産の一体性が大変強く印象に残った」と皮肉った。

 野党からも苦言が相次いだ。日本維新の会の馬場幹事長は「無駄な時間とお金を使って本当に深夜国会をする必要があったのか」と語り、国民民主党の玉木代表も「コロナ禍で国民に夜8時以降は活動を抑えるようお願いしている中で理解を得にくい。働き方改革の観点からも見直すべきだ」と指摘した。

 ◇

 与野党幹部から苦言が呈されたとありますが、なぜ国会の審議中にこのような無意味な決議案を出した党や人物に、その場でその正当性をしっかり質し、筋が通らなければきちんとした反論を出した上で、その提出を止められないのか。権利だと言っても、それが国会の本質的な役割とかけ離れていれば、それを阻止できるようにしなければ、指摘の通り「無駄なお金と時間」を浪費するだけです。

 企業であればその目的、つまりその企業の存続とそのための利益を高めるために、役員会などの会議を開きます。国会も国の存続、つまり主権の維持や、国民の生命と財産の将来にわたっての安全確保のために議論を重ね、その英知を絞る努力をすべきです。上記に見られるようにそれが全くないがしろにされ、党利党略のためだけに行動しているとすれば何をか言わんやです。

 一部野党にとっては、国のための仕事は「政府」、自分たちの役目はその政府のあら探しだと思っているのでしょうか。それではいつまで経っても政権側に立つことは期待できません。こんな人物や党には、さっさと国会から去っていただきたいものです。

(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


2021年6月10日 (木)

小西ひろゆきは国民の敵だ!|鈴木宗男

11fedc67  国会議員の質の低下が叫ばれています。国会議員はそもそも国の重要課題に真摯に向き合い、国権の最高機関である国会で、かつ唯一の国の立法機関であることを念頭に、国家と国民のための政策立案、そして法制化を果たす義務を遂行するために存在します。

 ところが多くの国会議員、特に野党議員の中にはその本質をわきまえず、訳のわからない質問を繰り返し、無用なヤジを飛ばし続ける、およそ議員の資格のない輩が散在しています。立憲民主党の小西ひろゆき議員はその最右翼でしょう。

 その小西議員に腹をすねかねた鈴木宗男参議院議員が月刊Hanadaプラスにコラムを寄稿しているので以下に引用します。タイトルは『小西ひろゆきは国民の敵だ!|鈴木宗男』(5月27日公開)です。小西氏は確か以前、自衛官からそう言われたという騒ぎがありましたね。

 ◇

“国会の爆弾男”“立民のエース”などと呼ばれる小西ひろゆき議員。だが、国民の多くは気づいているのではないだろうか。「相手にする価値もない無礼な男」だということを。しかし、彼は国会議員だ。彼の暴挙をこれ以上許してはならない。鈴木宗男議員が、小西ひろゆき議員の言動を一刀両断!

国会遅刻騒動、大ブーメラン!

5月25日、参議院外交防衛委員会で質疑に立ち、20日の当委員会が流会になったことを質した。

2015年3月30日、参議院外交防衛委員長が理事懇談会に2~3分遅れ、この時、立憲民主党(当時民主党)の小西ひろゆき氏が中止に追い込んだ。

4月2日、当委員会で片山さつき委員長は謝罪をしたが、その時、小西氏は『心からお詫びをしていない』と委員長を叱責し、片山委員長は涙声で謝罪した。

6月11日、当委員会においてトップバッターで質問予定の小西ひろゆき氏は3分も遅刻してしまった。

今度は片山委員長から小西氏は注意を受ける羽目になった。まさに大ブーメランである。小西氏は遅刻したが、片山委員長は『十分ご注意いただきたい』と大人の対応をなされ、委員会は予定通り行われた。

中山防衛副大臣が2分遅れたが、岸防衛大臣は来ており、審議に支障はなかった。にも関わらず委員会を流会させる事は、如何なものか

と委員長にお尋ねしたのである。

この事に関し、昨日の小西氏のTwitterで次のように書かれている。

_____________

「相手にする価値もない」と勝利宣言?

「狼藉は早速理事会で問題となった」とあるが、理事会に出ている我が党の浅田委員に聞くと、「狼藉など」という話は理事会では出ていないとの事である。

「マスク無しでの大声の発言も問題になった」とあるも、話題になっていないとの事である。

私が発言したのは、中断中に小西氏がいろいろ言っているので注意したもので、ちょうど水を飲んでいる時に一瞬マスクを外した時の出来事である。

また、小西氏は次のようにも書いている。

________20210610095601 「相手にする価値もない」という言葉を香典倍返しでお返ししたい。小西ひろゆき氏がなんぼのものかと。

私は20年前、国策捜査で逮捕され最高裁まで闘った。司法判断で現職議員として失脚する事になった。私はルールにのっとり、収監に応じた。この時、私は再審請求をし、今も継続中である。そして裁判所の判断は黒判決だったが、2年前の参議院選挙で堂々と当選する事ができ、国民は私に白判決を出してくれたと感謝している。

私は政治家としてやましい事はしていないので、死ぬまで悪しき権力とは闘っていく。

「私が立案し、立憲が国会提出する『歳費返納法』」とあるが、小西氏よりも公明党さんが先に提案し、今、与党で法改正の議論をしている。立憲はまだ提出しておらず、これも身勝手な「いいとこどり」の発言である。

次のような書き込みもある。

_____________-1

多くの人から「小西氏の頭はどこかズレている。虫かばい菌が入っている。鈴木先生、相手にする価値はないのは小西です。こんなものに負けないで下さい」と激励の声があった。

私は小西氏から「文句があるなら直接言ってこい」と言われた事はない。

3月18日の参議院予算委員会で、質問者たる私に向かって後ろからゴチャゴチャ言っているので、私が「委員会終わってから直接言え」と一喝したのである。

どうも小西氏は何かにつけ自分の都合のいいような頭づくりである。

小西よ、自分の頭の中を整理しろ!

_____________-2 5月21日の上記のTwitterも誤魔化しである。正確を期すために、やりとりを紹介したい。

○鈴木宗男君 

先ほど来質疑の中で質問通告で通告があったないの話もありますけれども、武田大臣、私のところには、小西洋之議員は深夜でも役所に電話をして迷惑している、さらには体調を崩したという情報も寄せられておりますけれども、そういう話は聞いておられますか。

○国務大臣(武田良太君) 

詳細について現場の方からは上がってきていないわけですけれども、担当の課長が体調を崩され、休暇をいただいたという事実は私の方には報告が上がっていますが、その理由については私の段階では把握はいたしておりません。(発言する者あり)

答弁で武田大臣が認めている。私にいうのではなく、武田大臣に聞くのが筋ではないか。これもズレた話である。

また、同日のTwitterでは以下のように書いている。

_____________-3

総理も官房長官も遅刻した事に謝罪と注意をするのは当然だ。

私は2分の遅れで大事な委員会を開かせない、止める事は国民から負託されている国会議員のやる事ではないと言っているのである。

私は「媚び」を売らなくても十分政治家としてやっていける。

これもそっくり小西氏に「恥ずかしいことだ。自分の頭の中を整理しろ」とお返ししたい。

限度を超えている格下男

_____________-4 小西氏がどんな権限を持っているのか教えてほしいものだ。

「暴挙に対処する権限を持っている」というのか。何様のつもりでこういう発言をするのか。

「この人の頭づくりは自分中心でしかなく、政治家として失格です。いや、人として問題です」という声も多数、寄せられた。何をかいわんやである。

読者の皆さんのお受け止めはいかがであろうか。

「相手にするほどの男ではありません。自分中心ですから、ここは鈴木先生、正しい指摘をしっかりやって下さい」という声に勇気100倍である。

参議院予算委員会で「嘘でもいいから口頭で質問通告したといえ」と議員をそそのかした小西氏である。私の事をあれこれ言う前に、「嘘でもいいから口頭で質問通告したといえ」と言った事に反省も謝罪もない小西氏は、自分の発言にどんな責任を取るのか。その点、何も弁明、説明はない。

「先ず自分の発言に責任をもて」「この程度の人間性だと思うと逆に情けない」「鈴木先生、相手にすると鈴木先生が軽く見られる恐れがありますが、黙っていると嘘話が本当になりますので、ここは徹底してやって下さい」等々の話が寄せられた。

意を強くして格下ではあるが、向き合って参りたい。

(2021年5月26日「ムネオ日記」を再構成)

 ◇

 なんとも恥ずかしい話です。私は鈴木宗男議員に好き嫌いの感情はなく、彼の肩を持つわけではありませんが、この小西洋之議員の話はまた別です。小西議員は議員の片隅にもおけない、どうしようもない議員だと思っています。こういう議員が選挙で選ばれることが実に不思議だと感じています。

 クイズ質問をしてみたり、事実無根の誹謗中傷をしてみたり、まるで中韓の言い草そのもののような議員と言えますね。個人攻撃に終始し真面目さが全く感じられないと思うのは私だけでしょうか。鈴木議員も個人攻撃的に反撃していますが、日頃の両者の発言履歴を見れば、鈴木議員に肩入れしたくなります。

 立憲民主党の幹部や周りの議員も、「爆弾男」などと言って、鬱憤晴らしの代弁者として薄ら笑いしながら見ているのでしょう。ましてや「立民のエース」などと本当に思っている議員がいるとすれば何をかいわんや、です。立民の支持率が5%前後で一向に上がらないのもうなずけるところでしょう。

(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村

 

その他のカテゴリー

ICTと政治 イノベーション エネルギー エネルギーと環境 オリンピックとメディア人 オリンピックと人権侵害 オリンピックと政治家 スポーツ スポーツと政治 テロの標的国家 デジタル技術 マナー、道徳 メディア メディアと政治 中国の政治 五輪と反日国、メディア 人種・民族差別 共産主義 共産党と総選挙 共産党の組織と実態 刑法、犯罪 創作と現実 医療 医療と健康 医療と政治 危機管理 原発と核実験 原発・エネルギー 反日メディア 司法 国会改革 国連 国際政治 土地の買収 在日、サヨク 地方政治 地方行政 地球環境 外交 大学 天候 学問・資格 安全保障 安全保障政策 宗教界 官僚の実態 対テロ作戦 少子化問題 左翼インテリ 情報・インテリジェンス 感染症と政治 憲法 憲法違反 戦争の歴史 技術、戦略 拉致被害者 政権構想 政治 政治、外交 政治、政党 政治、政局 政治、文化 政治、経済 政治と原発論議 政治とSNS 政治スキャンダル 政治体制 政治理念 政治評論 政策 政策課題 教育 教育、文化、愚民化 教育・歴史 文化 文化、歴史 文化・芸術 新型コロナウイルスの起源 日本の未来 歴史 歴史・国際 民族弾圧 民族弾圧、ジェノサイド 水際対策 海外、スポーツ 海外、政治 海外、経済 海外の人権侵害 海外・社会 災害、政治 研究開発 社会 社会・政治 社会・文化 福祉政策 経営 経済・政治・国際 経済対策 緊急事態と憲法 総選挙 自民党総裁選候補 自衛隊 芸能人と思想 行政改革 言葉の定義 軍事 軍事、外交 輸入食材 選挙公約・バラマキ 離島防衛 韓国の教育 音楽 領土、外交 食糧問題 NHK改革 SNS・インターネット