反日政治家

2022年11月16日 (水)

鳩山元首相、そんなに日本が嫌いなら「宇宙」にでも旅立ってもらえませんか

Images-24  「バカは死ななきゃ治らない」というのは、日本で古くから言われている所謂ことわざの1つですが、それにぴったりの人がいます。通称「宇宙人」と称されている鳩山元首相です。この人は「元首相」という肩書きが付いているだけに、その日本を貶める言動にはある種の「箔」が付いているという意味で、この上なく迷惑な人です。一向にその妄言が改まらないため、冒頭のことわざが見事に当てはまります。

 産経新聞論説委員の坂井広志氏が同紙のコラム「一筆多論」に掲載した記事に、その一部が語られています。タイトルは『「元首相」鳩山氏の妄言』 で、以下に引用します。

ドイツのショルツ首相が中国を訪問し、3期目に入り独裁体制を確立した習近平国家主席と会談した。このニュースを耳にし、旧民主党の鳩山由紀夫元首相の顔がふと思い浮かんだ。

鳩山氏が今も首相であったならば、喜々として北京詣でをし、満面の笑みを浮かべて習氏と握手を交わし、代償として日米同盟に亀裂が入ったことだろう。

そう思ったのは、9月28日に衆院議員会館で行われた市民団体による「日中国交正常化50周年記念大集会」で、あきれた言動をしていたからだ。

文化交流の話から始め、「2千年近く前から、多くのことを日本は中国から学ばせていただいた。漢字一つとっても中国からいただいたものでございます。感謝こそすれ、けんかをする相手ではないのは当たり前だと思います」と、これでもかとばかりにへりくだって語ると、会場からは拍手が湧き起こった。そして、こう続けたのであった。

「にもかかわらず、日本は中国に侵略を行った。敗戦国は無限責任を負っている。傷つけた側は傷つけられた側が『これ以上謝る必要ないよ』と言ってくださるまで、謝罪する気持ちを心の中で持ち続けなければならない」

鳩山氏からは似たような発言をこれまでも聞いたことがあるが、今でも土下座外交を追求し、日本という国を「溶解」させようとしているかのような妄言を続けていることに啞然(あぜん)とさせられた。

発言はエスカレートし、わが国固有の領土である尖閣諸島(沖縄県石垣市)について持論を開陳した。

「(平成24年に)国有化の話になって、中国も領有権を主張しなければならないということで、定期的に船が出てくるようになった。向こうとしてもやらなきゃならないことを、やっている。こういうことが一触即発のことを招きかねない。もう一度、棚上げにすればいいだけの話じゃないですか。将来の世代に解決を委ねればいい」

中国側に理解を示していることが信じられないが、そもそも歴史認識からして間違っている。

「棚上げ論」は昭和53年10月に、中国の鄧小平副首相(当時)が来日し記者会見で「こういう問題は一時棚上げしても構わないと思う。十年棚上げしても構わない。次の世代はわれわれよりもっと知恵があろう」と語ったことで知られている。

来日時、鄧氏は福田赳夫首相(当時)との会談でも「こういうことは、会談の席上に持ち出さなくてもよい問題である。次の世代はわれわれよりももっと知恵があり、この問題を解決できるだろう」と語ったが、福田氏は言質を与えていない。「もう一度」も何も一度も棚上げに合意していない。これが事実である。

台湾情勢をめぐっても鳩山氏は、「50年前に答えは出ている。台湾は中国の一部であるということに対し、日本政府は理解すると言っているわけだから、この問題は解決している。とやかく外から言う話ではない」とまるで台湾を見捨てるかのような言いぶりであった。

12月で旧民主党が下野してから10年が経過する。「元首相」という肩書がついて回る人物が、国益を損なう発言を繰り返している現実を目の当たりにすると、頭が痛くなる。

 まさか亡くなって欲しいなどとは言えませんが、何とか周りから諭してやることはできないのでしょうか。まあ「宇宙人」ですから無理でしょうが。

 ところで彼に限らず、日本を売りたがっている人たちは、過去から大勢いますね。「慰安婦強制連行」を作り上げたのも、国連に行って「性奴隷」だと進言したのも日本人ですし、「南京事件」を殊更大きな問題にしていったのも日本人です。

 こう言う人たちはその一方で、アメリカの「原爆投下」や「東京を始めとする都市大空襲」、旧ソ連の「樺太・千島での蛮行」、それに中国の「通州事件」などの「民間人大量殺戮」や、更にはソ連兵による日本兵の「シベリア連行、強制労働、拷問致死」、などの日本人が受けた戦争犯罪には全く黙りです。

 日本は「水に流す」国民性から、以上の残虐な戦争犯罪に対して、口をつぐんできましたが(実際にはGHQによる言論封殺とその後遺症ですが)、鳩山氏は相手国に対していつまでも謝罪せよという、自らが「日本人」を捨て去った発言をしています。どうか宇宙の旅でもしていただいて、日本に帰ってこないことを切に願います。

(よろしければ下記バナーの応援クリックをお願いします。)


保守ランキング

(お手数ですがこちらもポチッとクリックをお願いします)


にほんブログ村 

その他のカテゴリー

ICTと政治 イノベーション エネルギー エネルギーと環境 オリンピックとメディア人 オリンピックと人権侵害 オリンピックと政治家 スポーツ スポーツと政治 テロの標的国家 デジタル技術 マナー、道徳 メディア メディアと政治 メディアの偏向報道 中国の政治 中国経済 五輪と反日国、メディア 人種・民族差別 共産主義 共産党と総選挙 共産党の組織と実態 刑法、犯罪 創作と現実 医療 医療と健康 医療と政治 危機管理 原発と核実験 原発・エネルギー 原発再稼働 反日メディア 反日市民団体 反日政治家 司法 国会改革 国連 国際政治 土地の買収 在日、サヨク 地方政治 地方行政 地球環境 外交 大学 天候 学問・資格 安全保障 安全保障政策 宗教と政治 宗教界 官僚の実態 対テロ作戦 少子化問題 左翼インテリ 情報・インテリジェンス 感染症と政治 憲法 憲法違反 戦争の歴史 技術、戦略 拉致被害者 政権構想 政治 政治、外交 政治、政党 政治、政局 政治、文化 政治、経済 政治とテロ 政治と原発論議 政治とSNS 政治スキャンダル 政治体制 政治家の誹謗中傷 政治理念 政治評論 政策 政策課題 教育 教育、文化、愚民化 教育と政治 教育・歴史 文化 文化、歴史 文化・芸術 新型コロナウイルスの起源 日本の未来 日本の防衛力 核の威嚇 歴史 歴史・国際 民主主義の限界 民族弾圧 民族弾圧、ジェノサイド 水際対策 海外、スポーツ 海外、政治 海外、経済 海外の人権侵害 海外・社会 災害、政治 産業政策 研究開発 社会 社会・政治 社会・文化 社会主義運動とテロ 福祉政策 経営 経営戦略 経済・政治・国際 経済対策 緊急事態と憲法 総選挙 自民党総裁選候補 自衛隊 芸能人と思想 行政改革 言葉の定義 軍事 軍事、外交 輸入食材 農産物の流出 選挙公約・バラマキ 離島防衛 韓国の教育 音楽 領土、外交 食糧問題 NHK改革 SNS・インターネット

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ